・・・055(上半期ベスト5)


THE SOUL PLEASERS - I Found A Love /Baby Don't Cry (Living Legend 102)

持ち駒が少ないから殆ど迷わずにこれでラストです。。裏の曲は既にここで1度貼りまししたが、今回の選曲は表の「I Found A Love」。原曲のイメージを損なう事なくカバーしてます。個人的にも大好きな曲なのですが幾多のカバーの中でも名唱と言えるでしょう。リードはEDDIE HOLLOWAY。ついでにもう一度裏の曲も付けますが、こちらはTHIRD GUITARでSuper Funkに進化する「泣くな赤ちゃん」のBefore Funkバージョン。
上半期ベスト物で続けます。。

・・・054(上半期ベスト5)


JOE TEX - I Let Her Get Away (Dial 3009)

密かなマイ・ブーム、JOE TEX。。Dialの3000盤代、及び4000番代には60年代に録られた良い作品が残されていて、中にはノーザンの人気盤となり既に高値を付けている物もありますが、丹念な発掘作業を試みております。これも極上のバラードで、既にUK Kentのコンピ「The Dial Records Southern Soul Story」でも取り上げられていますが、やはりシングルで聴くと音の厚みがまた格別です。
・・・053(上半期ベスト5)


BUSTER BENTON - Catch Up with The World (Twinight 117)

ブルース系の人ですが、このレーベルに残された2枚はいずれもソウル・ファンにアピール出来る内容。もう1枚の#113にはMelloway #20668というローカル・リリースがあってそちらがオリジナルですが、こちらは多分Twinightのみのリリース、且つ出て来難い方の1枚。嘗てP-VineからCD化された「ザ・シカゴ‐トワイナイト・ソウル・ストーリー」というコンピで聴ける様ですが買いそびれたし、昔の話。今はNumeroのコンピ(4枚組)LPのみで聴ける様です。更に言うとこちらの両面はHi録音。選曲はミディアム曲の方にしますが、GoldwaxやFame、更にHiのまだ聴けてなった好曲に出会えるというのはディープ・ファンとしての至福の楽しみでもあります。
・・・050(上半期ベスト5)


BUCK - Come Closer (Playboy 6001)

続けてもう1つ、上半期ベスト5入選作。。こちらは2007年ベスト5として以前よすけさんが教えてくれた物。私は真面目にBUCKの作品を集めている訳ではないが、ラッキーにも2つ目にこのお皿がやって来た。よすけさんによれば、これが締めの1枚で内容、レアリティで頭一つ抜けているとか。。この塩っ辛いリードが耳残りしてました。













SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー