♪ NAOYA 書き込み日:12月2日(日)21時50分28秒

今年もあと1ヶ月を切りました。 本当に早い。 昨日は、Naoya部屋の忘年会を行ないましたが、残りの29日間であと数回の忘年会やらレココン、レコセールで皆さんお忙しい事でしょうね。 そして、何か良い1枚がレココレクションに加わるでしょうか。 という事で、恒例の今年ベスト5を今週より1枚づつ紹介したいと思います。 忘年会に参加された方々には、今年のベスト5から4枚を選んでプレイして貰いましたが、僕は一番最後にプレイした為、他の方とバッティングしたお皿もあったので変更してプレイしました。 よって、ここで本当のベスト5を選び、忘年会に参加出来なかった方々にも聴いて貰いたく思います。 しかし、そのベスト5の内、先々週紹介したTommy DodsonのSkylark盤はその中に入るため、あと4枚を毎週1枚づつ取り上げます。 順位は例年通り付けません。



KENNY B - LOVE DOESN'T LIVE HERE ANY MORE / SAY IT AIN'T SO (BENNETT 105)

この部屋では既にお持ちの方は結構居るが、今年の後半やっと手に入った。 正体不明のシンガーだが、ニュー・ヨーク辺りで活動していた人と思われる。 これ1枚しかリリースがないのが、その謎を一層助長させているようなシンガーだ。 アレンジには、Horace Ott、プロデュースには、Jay Windsor Kingが担当している。 聴いて分かる通り、声の質という点では、西海岸で活動していたBobby Angelleに似たちょっと掠れた声を持ったシンガー。 兎に角、バラードの「Love Doesn't Live....」が絶品だ。 一方、裏の「Say It Ain't so」は、テンポもの。 こちらも悪くはないし平均以上の点は上げられる。 本当に、これ1枚で終わってしまったシンガーだとしたら、それは余りにも勿体ないなぁ。。 尚、両面共にライターは、S. Simmons とG. Bennettのコンビだが、このG. Bennetttっていう人がこの人の正体なのかなぁ???
♪ NAOYA 書き込み日:12月8日(土)14時43分07秒

やっと先行会計監査が終わった。 丁度、月次書類の作業に重なった為、もう大変だった。 というわけで、昨日、一昨日は帰宅が遅く、Nothing But...が出来なかった。。 来年の本監査は8日から。。 こちらも本決算時期と重なる為、また毎日帰宅が遅くなりそうだ。 さて、今年もあと僅か。。 しかし、今年はもう打ち止め。。 何がって、レコ買い。 もう今年は買わず大人しくしておりまする。。 わはは。。 で、その代り、今レコ売ってます。。 ノーザンものが中心だけど、まずは、ハーブ・ワードのArgoとRCA盤のローテイションズなど。。 この3枚で10万位で売れた。。 まだまだ、売りに出すつもりです。。 で、心配だったドル安だが、ここに来てまた111円台までドル高が進行した。 1週間前の105円台から一気に戻した凄い勢いがあった。 でも、118円台後半だったことを考えると、まだまだ円高の状況には変わらない。 こういう時には売るのが正解。。 ということで、「今年のベスト5」の3枚目です。



STEVE DIXON - DEPEND ON ME / POOR MAN (SPOTLITE 101)

これも今年後半に入手したもの。 今年は、2回チャンスがあったのだけど、1回目の時よりコンディションが良く、更に若干だが安かったものをゲット。。 わはは。。 ニュー・オリンズで活動していたスティーヴだが、以前にもInstant盤等は紹介している。 地味なシンガーだが、味わい深い歌には定評がある。 しかし、このSpotlite盤では、見事なディープ・ソウル・バラードを引っさげて、聞き手をノック・アウト。 今年入手できた中でも特別に嬉しかった1枚である。
♪ NAOYA 書き込み日:12月16日(日)19時00分54秒

今日は、全日本実業団女子駅伝が岐阜県で行なわれた。 毎年TV観戦しているのだが、昨年初出場で6位入賞の豊田織機は、予選会の東日本実業団女子駅伝で、エース脇田が大ブレーキ。 よって、本選には進めなかった。 豊田織機は、高橋尚子を育てた小出義雄監督が指導しているチームだが、同じく指導しているアルゼが今年は予選会を突破し、今日の全国会へ初出場を果たした。 そして、初出場ながら4位入賞を果たした。 絶対的なエースがいるわけではないチームだが、第1区から上位を守りそのままフィニッシュを飾った。 去年の大会では、姉妹チームである豊田織機チームを現地で応援したアルゼのチームだが、今年は逆に豊田織機のチームが応援に駆けつけたに違いない。 その豊田織機のチームも今日の大会に進出していたら面白かっただろうと思うと、残念だ。 しかし、その楽しみは来年必ず実現してくれることだろう。 さて、12月も後半に入った。 あと2週間で2008年である。 今日も今年入手のベスト5から残った2枚の内の1枚を紹介する。



JEANNIE REYNOLDS AND THE RE-LEETS - I DON'T MESS AROUND / PEOPLE MAKE THE WORLD (WASHINGTON 1001)

今年入手した女性ものでは、これがベスト。 ご存知、L. J. Reynoldsの妹である。 もうこの部屋では、STDさんも既に紹介していた盤なので、いまさら。。な感じもするが、やっと今年入手出来た盤だし、内容も保証付き。 これに勝る女性モノはなかったので、ベスト5入り。 裏面の曲は、ルーズベルト・グリアも歌っているバラード曲で、こちらもグレイトだ。
♪ NAOYA 書き込み日:12月23日(日)13時51分02秒

今年も大詰めです。 今日は、天皇誕生日で、明日はクリスマス・イヴです。 小さいお子さんをお持ちの方は、明日サンタですな。。 ウチは、もうお役ゴメンとなって、Xmasなんて関係なくなったけど、あちこちの街で綺麗に飾られたイルミネーションを見るのは、中々楽しいものです。 夕べも六本木と丸の内のイルミネーションを見て来ました。 年が押し迫ると、毎年開催されている高校駅伝を見るのも楽しみ。 男子は興味ないけど、女子の方は今年もTV観戦しました。 今年の注目選手は何と言っても、仙台育英の絹川愛選手だったのですが、大会1週間前に腰痛を患い3年生最後の全国高校駅伝を欠場することとなり、大会の見所が半減してしまった。 彼女は、1万メートルのジュニア新記録を今春打ち立て、夏に行なわれた世界陸上に高校生として参加。 その彼女の走りが見れなかったのはなんとも残念だ。 そのエースを欠いたチームではあったが、5位に入賞出来たのは立派だ。 今年は、京都の地元高、立命館宇治がブッチギリで2000年以来の大会2度目の栄冠に輝いた。 さて、絹川愛選手の卒業後の進路が気になる。 では、「今年のベスト5」最後の1枚を紹介しましょう。



WILLIE JOHNSON - I CAN'T SEE MYSELF / LEFT-OVER LOVE (FUTURE STARS 1009)

確か、87年に帰国した時には、僕のコレクションから無くなっていたから、20年経ってようやく又入手出来たお皿で、今年1番嬉しかった1枚だ。 77年から87年までの11年間海外生活をしていたが、77年の確か春頃に当時のキャプテンで購入したと思う。 その後、休暇で帰ってき79年には未だコレクションの中にありその時にも何度も聴いた事があったが、87年には無くなっていた。 色(レーベル)が白くなって帰ってきたけど、そんな事は関係なく、また自分のターン・テーブルで聴ける喜びが今あるのはとても嬉しいことである。 買い戻したというより、当初某氏の御厚意で頂いたのだが、それでは余りにも失礼なので、トレードという形を取らせて頂いた。 某氏の御厚意に感謝したい。 内容は皆さんご存知の通り、正にグレイトで彼の最高傑作だ。 僕がこのお皿に寄せる思いというのは、ここでも何度も書いてきたし、先に入手された方々には大分苛められても来たのは皆さんもご存知のはず。 だから余計に今の僕の喜びを皆さんは分かってくれるんじゃないだろうか。。 わはは。。
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー