二つ折 書き込み日:12月29日(月)22時53分54秒

NAOYAさん、遅くなりましたが忘年会のプレイリストです。

1. PEP BROWN / LOVIN' YOU IS SUCH A SWEET SWEET THING ( LAVA 1001)
ご存知PEPのマスルな傑作。別名義でも出ています。
プロデューサーのクレジットにR.HAWKINSの名が有るのは珍しいかも。
逆サイドの飛んでるギターはDUANEでしょうか?

2. ZIRCONS / YOU AIN'T COMIN' BACK (CAPITOL 2667)
秀逸なミディアムと味わい深いスロー、最後までどちらのサイドをターンテーブルに乗せるか迷った1枚。
今まで巡り会えなかった事もあり、今年入手したレコードの中でも特に愛着があります。

3. KENNETH RUFFIN / I'LL KEEP HOLDING ON (CARNIVAL 536)
オブなシンガー、昨年もトライしましたが、今回は前回負けた半値以下でのラッキーな入手です。
NYのレーベルですが録音は南部でしょうか?アーリーロイヤルに聞こえます。

4. JIMMY DOTSON / I USED TO BE A LOSER (VOLT 4013)
DEEPファンにはMERCURY盤が人気のシンガー、作曲はJIMMY本人でプロデューサーも同じ人ですがかなり曲調は違います。
含みの多いボーカルと、スリリングなストリングスのアレンジにはまりました。

今年の前半はDEEP中心で、長年あこがれだった名盤と言われるものも何枚か入手出来ましたが、
1年を通して思い返せば特に後半はクロスオーバー指向の年だったと思います。
NAOYA部屋の忘年会ではDEEP中心の選曲となりましたが、総括的なものとしては先日のカピタ=ノの納会で聞いていただいた通りです。
今年1年色々勉強させていただいて有難うございました。来年もよろしくお願いします。
皆様も良いお年をお迎えください。失礼します。
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー